検索フォーム
最近の記事
一戸建て住宅で重要視されるポイント

一戸建てのリフォームは計画的に

将来的に住宅ローンを完済し、年金生活の負担を減らそうと若いうちに一戸建て住宅及び分譲マンションの購入をするのが一般的となっています。一戸建て住宅の場合は分譲マンションと違って小さなお子様がいても下階への騒音の心配などがなく、土地に価値があれば資産も見込めます。その為一戸建て住宅の方が当然高額ですが、最近は旗竿状に土地を区画してより多くの一戸建てを販売しようとしている光景がよく見られます。旗竿状というのは旗を平面に見た場合、柄の部分をカースペースや通路にして旗の部分が住宅という構図です。

当然価格も安く設定されているそうですが、カースペースの幅によってはマイカーの車種が限定されることもあります。また竿の部分が死角となり防犯上の危険も危惧されているので各々で防犯対策を行う必要があります。一戸建て住宅はマンションと違って管理費や共益費などが不要な分、経年劣化などによるリフォーム費用が必要です。

外壁の塗り替えや、上階窓サッシの取り付け、ソーラーパネル取り付けなど足場を必要とする作業は一度に行えるよう計画を立てることをお勧めします。なお、子供の成長に合わせたリフォームや両親の介護に合わせたリフォームなど、修繕とリフォームは家の状態だけではなく住まう人々の成長に合わせた計画が必要です。

一戸建て・住まいについてもっと理解を深めたい方へ